misc.log

日常茶飯事とお仕事と

ビデオ編集ソフト最新版(TMPGEnc Video Mastering Works)

ペガシス社からメールが来てました。動画の編集などで使っているソフト「TMPGEnc Video Mastering Works」の最新版(Version.7)が発売されるそうで。

TMPGEnc Video Mastering Works 6

TMPGEnc Video Mastering Works 6

上記リンクは前のバージョンになる「6」ですが、我が家のバージョンは「5」です。この手のソフト、実際に最新版を追い続ける必要がある人はあまりいないんじゃないかなぁ。大抵3バージョンくらいは過ぎ去っても問題なかったり。ただ、あまり古いとアップグレード権が無くなったりする製品もあるので要注意なんですよね。

主な追加機能は下記の通りだそうで。

■画像/動画対応

  • H.265/HEVC に加え、H.264/AVC、VP9 フォーマットでも 8K 解像度の出力に対応
  • キヤノン Cinema Raw Light フォーマットの入力に対応
  • Apple ProRes 映像ストリームの入力に対応
  • H.265/HEVC 4:2:2 10bit 入出力に対応
  • WebM/MKV VP9 出力に対応
  • Opus 音声出力に対応   
  • GoPro Cineform 出力に対応
  • アニメーション GIF / PNG 出力対応
  • 連番静止画出力の対応フォーマットを拡充
  • 主要なカメラの Log カーブをサポート
  • MPEG-2 TS コンテナでの PID 設定を追加

HDR映像関連

  • HDR 表示のリアルタイム切り替え(プレビュー)が可能
  • 作業用色空間の設定が可能に - カラーマネジメント機能搭載
  • LUT (Lookup Table) の適用に対応
  • 出力カラープロファイルのプリセット対応
  • HDR メタデータの適用に対応
  • HDR レンジまで拡張された色調補正フィルター

■編集機能

  • タイムコード表示での編集に対応
  • クリップ編集画面上のプロジェクトファイル保存に対応
  • プロジェクト復元機能を搭載
  • アンドゥ/リドゥの適用範囲を拡張
  • QR コードクリップの作成に対応
  • タイトル/マルチストリームの事後解析に対応
  • トランジション、変形など多くのアニメーション効果にイージングを追加
  • 出力クリップの選択に対応
  • 複数クリップのグルーピングに対応
  • クイックプロパティからの音声チャンネル、アスペクト比切り替えに対応
  • 高速となったドラッグシーク機能+シーク用インデックス作成機能
  • 範囲設定と同時にカット - クイックカット機能
  • 現在フレーム情報表示機能
  • プレイヤーコントローラーの分離に対応
  • プレイヤーコントロールボタン表示変更に対応
  • 手ぶれ補正フィルターを搭載
  • レンズ歪み補正フィルターを搭載
  • 部分モザイクにモーショントラッキング機能を追加
  • フレーム補間フィルターを搭載
  • グリッチノイズフィルターを搭載
  • 音声ボリューム調整にラウドネス基準を追加
  • 音声コンプレッサーを追加
  • 字幕ルビの自動変換に対応
  • リトルプラネット映像の作成に対応

めんどくさいからこの辺で。気になるのがフィルター系ですね。モザイクや字幕ルビとかちょっと気になります。

ま、ただ、今回もうちは見送りですね。何よりお金がない(笑)