読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

misc.log

日常茶飯事とお仕事と

Office 365概要

misc. 業務日誌

Office 365について調べてます。

Office 365概要

  • 現時点の実体はOffice 2013。
  • Office 2013を期間契約のサブスクリプション版にしたもの。
  • 特典としてクラウドストレージ利用などが可能になる。
  • ProPlus契約にすると、インストールをオンラインのポータル経由で、必要なアプリだけダウンロード、といった「クイック実行」が可能になる*1
  • ProPlusにしてクイック実行版にすると、App-Vと呼ばれる仮想化技術を使ってPC上に仮想アプリとしてOffice 2013がインストールされる。この場合、古いOfficeとの共存も可能になる*2

って感じでしょうか。クイック実行、App-Vのところについては少し怪しいです。

Office 365 ProPlus概要

ここに細かく書いてありました。

Office 365 ProPlus の概要/Microsoft TechNetライブラリ
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/gg702619.aspx

旧バージョンとの共存で起こりうる問題等

全般

マイクロソフトは、クイック実行により新旧バージョンのOfficeが共存できるとは言っているものの、その利用は「できるだけ短期間にした方が良い」と述べています*3

Outlook

クイック実行(Click-to-Run)版Office 2013のOutlookと、Outlook 2007または2010を共存させた場合の問題について、下記のページに記載がありました。

Potential problems if you have Outlook 2013 and an earlier version of Outlook installed on the same computer/Microsoft Support
http://support.microsoft.com/en-us/kb/2782408

また、旧バージョンのOutlook共存させた場合の実行に関する制限が下記ページに記載されています。

Outlook 2010 から Outlook 2013 への移行の考慮事項/Microsoft TechNetライブラリ
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dn726678.aspx

参考情報

App-V を使用して Microsoft Office 2013 を展開する/Application Virtualization 5
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dn817830.aspx
新しい Office の企業内クイック実行展開と App-V 展開 (に成功)/山市良のえぬなんとかワールド
http://yamanxworld.blogspot.jp/2013/03/office-365-proplus-click-to-runoffice.html

*1:英名:Click-to-Run。

*2:新旧バージョンの共存について: 完全とは言えないようで、マイクロソフトも早めに新バージョンへ移行することを推奨しています。暫定的な機能と考えた方がよさそうです。

*3:新旧共存は短期間が良いという記述例: http://support.microsoft.com/en-us/kb/2782408