misc.log

日常茶飯事とお仕事と

安彦良和アニメーション原画集、鳥肌

今のアニメを見てから、昔の「機動戦士ガンダム」とかをみると絵面の古くささと、なんというか、崩れた部分が非常に気になって結構きついですが……原画を見ると鳥肌ものですね。

安彦良和アニメーション原画集「機動戦士ガンダム」

安彦良和アニメーション原画集「機動戦士ガンダム」

思った絵を何枚も何枚も描く。素人あがりが適当に1カット描くのとは違って、ストーリーの流れを絵で表現する。やっぱりすごいですよ。自分はもう無理ですが、こういうのをみて、描く仕事を選びたくなるというのはすごく分かります。

自分が「安彦良和」という人の絵柄を意識し始めたのは、「アリオン」の劇場上映を立ち見で見たときから。当時中学生だったかな。今はもうない映画館でしたが、映画の立ち見というのが後にも先にもそのとき1回だけの経験だったので、それとあいまって記憶に焼き付いています。

ほどよく緻密で、かといって緻密すぎないほど良さ。ずっとみてるとちょっとくどい画風ですが、嫌いじゃないです。

アニメ評論家・氷川竜介氏の『安彦良和アニメーション原画集「機動戦士ガンダム」』紹介
http://p.twipple.jp/j9pNK