misc.log

日常茶飯事とお仕事と

英語が苦手なエンジニアへ

仕事としている専門分野なのに、その分野の英単語が登場した時点で挫折したことにしている人たちが多すぎる。

挫折したことにしている、と書いた理由は、どう見ても「努力していない」から。努力した上でくじけるのは挫折といっていいだろけど、そこにすら到達していないのなら、まずは努力しなさい、と言いたい。

そしてなにより、最初に言いたいのが「最初から文法云々を語るな」です。文法が判らない?わかるわけじゃないか、英語がわからないのだから。以下の順番で手をつけなさい。

  1. 判らない単語をひたすら辞書で引く。調べた単語を元の文章の近くや、新しく用意した紙やノートパッドに書き留めて並べる。
  2. 並べた単語をつなげて読んでみる。文意が読み取れればOK。英語読めてるじゃないか。
  3. 最後に、単語をつなげただけの文章に法則性が見えないか確認する。何か「なんだかいつもこういう感じに並んでるな」が見えたら、それが文法。

こんなんでいいんじゃね?最初から文法だなんだと言わず、「いつ、した、あなた、たべる、それ」とかでいいっすよ。判らないならいきなり上級をめざすんじゃなくて、きちんと土台を踏み固めなさいよ。

ITエンジニアの ゼロから始める英語勉強法 英語落ちこぼれでもペラペラになれる!

ITエンジニアの ゼロから始める英語勉強法 英語落ちこぼれでもペラペラになれる!