misc.log

日常茶飯事とお仕事と

Photoshop Elements 9を試してみる(2)

次に、一番よく使う画像補正の手軽さをちょいと。
現在やっている作業は、カラーネガフィルムをVueScanからKonica MinoltaのDimageScan Dual IVを使ってスキャン。特にVueScan側では画質調整は行わず、無圧縮のTIFF画像として出力したものをレタッチし、画質最高設定でJPEG保存するというものです。なんでJPEG?と思われるかもしれませんが、ネガ自体は別途コクヨのネガファイルにとじて乾燥剤入りプラケースに保存しますので、なるべく取り扱いの簡単な画像フォーマット……ということでJPEGにしました。その代わりほとんど圧縮なしの「最高画質」設定です。

で、スキャン直後の画像と、以下の処理をかけた後の画像比較がこんな感じです。

  • 自動レベル補正
  • 自動カラー補正
  • 自動コントラスト
  • ライティング/レベル調整(黒、中間色、ハイライト部を画像からスポイトで選択)



処理時間は3分もかかりません。とりあえずこれで「見られる画質」にはなりますよね。手軽です。