読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

misc.log

日常茶飯事とお仕事と

Oracle11g、ODP.NETの配布

OTNから、xcopyによるクライアントライブラリの配布が可能になっているとのニュースメールが届いたので見てみた。

Instant ODP.NET Deployment
http://www.oracle.com/technetwork/issue-archive/2008/08-nov/o68odpnet-101744.html
downloadable from OTN
http://www.oracle.com/technology/software/tech/windows/odpnet/index.html?msgid=7097430txt


また、日本語ドキュメントとしてこんなのも。

Oracle Data Provider for .NETのインストール(11.2.0.2)
http://docs.oracle.com/cd/E16338_01/win.112/b62267/InstallODP.htm


10gの案件で、客先PCにCDからクライアントを入れて回るという作業を行ったので、xcopyによる簡単配布ができるなら結構うれしいと思います。上記のページによると、配布元環境に展開したライブラリは、\Oracle フォルダ以下を丸々対象環境にxcopyし、対象環境のPath環境変数に2点ほど追記を行えば利用可能になるとのこと。


ところで、10gではダメだったのか?もしかして出来たのでは?と思い調べてみました。Oracleの公式な文書には行き当たらなかったのですが、OTN Forumで同様の話が出ているのを見つけました。

OTN Forum/ODP.Net and Instant Client install
http://forums.oracle.com/forums/thread.jspa?messageID=2330315


また、「どうにかならんのか!」というぼやきも含めたやりとりはこちら。

ODP.NETはアプリ配布時にインストールされているのが前提?
http://otn.oracle.co.jp/forum/message.jspa?messageID=35016708


ODP.NETの利用にはOracle ClientかInstant Clientが必要ですが、10g以前のODPにはこれらが含まれて居らず、結局、ODP本体は.NET系の流れをくんでいても、依存先が必要なのでクライアントライブラリが別途必要になっていたようです。ですが、11gではそれが統合されたようで(厳密には統合なのかどうなのかは判りませんが)。


何にせよ、配布が楽になるのであればそれはいいことですね。