misc.log

日常茶飯事とお仕事と

Excelでシートコピー時に謎の名称が重複するという警告が多発する場合

いろんな人が作ったExcel資料をテンプレートとして使いまわそうとして、シートをコピーした際に「名前が重複しています。」的なメッセージが連発で何度も出ることありますよね。あれ、今までずっと「なんだかわかんないけどしょうがないなぁ」と処理していたのですが、対処方法がわかりました。

下記のサイトで説明されていました。ありがとうございます助かります。

dev.classmethod.jp


どうやら、セル範囲などに定義された名称の中に非表示になっているものがあるらしく、それを表示状態にしてやれば「数式」→「名前の管理」から一覧表示し、消すことができます。

Public Function ShowNames()
    Dim name As Object
    For Each name In Names
        If name.Visible = False Then
            name.Visible = True
        End If
    Next
    MsgBox "DONE."
End Function

こんな感じのコードをVBA開発画面から標準モジュールを追加して記述。シートの方からマクロ実行で呼び出すと完了です。やっていることは、Excelの「Names」オブジェクトコレクションの中身をそうざらいして、VisibleがFalseのものをTrueにするというだけです。お試しあれ。

しかしなんなんでしょうね?Excelのバージョンが変わった時に仕様が変わって非表示のままGUIからは解除できなくなったのでしょうか……

Excel VBA逆引き辞典パーフェクト 第3版

Excel VBA逆引き辞典パーフェクト 第3版

PowerCenter、ファイル出力時のダブルクォート囲みをやめる方法

Informatica PowerCenterで出力対象をフラットファイルにした場合、初期状態では文字列などがダブルクォーテーションで囲われてしまうようです。これをやめる方法、例によってInformaticaのフォーラムでQAがあったのでメモ。

network.informatica.com

設定はワークフローデザイナーでのワークフロー設定画面から、マッピングタブを選択し、左のツリー表示で「ターゲット」を選択。右側に表示される情報の下部に下図のような部分があるので、この「ファイルプロパティ」をクリックするとダイアログが表示されます。

f:id:frontline:20170221101909p:plain

そこから「詳細設定」を選択すると囲み文字の有無と選択ができるようになるので、そこで選べばよいようです。


BIシステム構築実践入門 (DB Magazine Selection)

BIシステム構築実践入門 (DB Magazine Selection)

VueScanでフィルムタイプに該当フィルムがない場合

フィルムスキャンアプリ、VueScanでフィルムの種類を特定できてもリストにない場合ですが、下記のページから対応する名称を探して選べばOKです。

VueScan / フィルムタイプ
http://www.hamrick.com/vuescan/html/vuesc25.htm

たとえば下記のフィルム、

f:id:frontline:20170219194736j:plain

フィルムの上部に「KODAK SAFETY FILM 5035」と書いてありますが、これに対応する名称はVueScanのカラータブにはありません。で、上記のページで調べると……

  • KODAK → KODACOLOR → CII

が同等の対応するフィルムということがわかります。
というわけで参考まで。


The VueScan Bible: Everything You Need to Know for Perfect Scanning

The VueScan Bible: Everything You Need to Know for Perfect Scanning

VueScan Mobile Free

VueScan Mobile Free